ビタミンC誘導体 美容液

MENU

ビタミンC誘導体が配合された美容液はお肌に良いの?

ニキビケア製品で良く聞くワードといえば「ビタミンC誘導体配合」という単語を良く目にしたり、聞いたりするでしょう。?

 

このビタミンC誘導体って、イメージではビタミンCでお肌に良いって先入観がありますが、実際のところそのイメージのままで浸透力の高いビタミンCだと思ってもらえれば大丈夫です!
ビタミンCは強い抗酸化作用を促す働きがあるので皮脂の過剰生成や炎症を抑えてくれる働きが本来あるのですが、分子構造が不安定で脆い特徴の為に肌への浸透力が元々高くありません。
またそれに加え皮膚の角質層はバリア機能を持ちビタミンCのような水溶液の物質を弾いてしまう性質を持ちます。
だからビタミンC配合の美容液をどれだけベタベタとお肌に塗りたくっても皮膚にビタミンCが浸透する前に弾かれたり、壊れてしまって効率良く吸収できないことになります。

 

そこでお肌への吸収率向上の為に開発されたものがビタミンC誘導体になり、この成分がお肌に浸透した後にはビタミンC誘導体がビタミンCへと変化し、様々な美白効能をもたらしてくれるのです。

 

ビタミンC誘導体の役割
ビタミンC誘導体が皮膚に浸透後、酵素反応を起こしビタミンCへと変化します。
ビタミンCの働きによってコラーゲンの生成を増加させ肌にハリをもたらしたり、メラニン色素生成の抑制を働きかけることによってニキビの色素沈着を防いだり、シミやソバカスも薄くしてくれる効果があるのでニキビ跡でできてしまったクレーター痕や赤みの改善ができると評価されているわけですね!

 

 

3種類のビタミンC誘導体

ビタミC誘導体はビタミンCの吸収率を高める為に考えられた化合物で、今も尚進化しています。

 

水溶性ビタミンC誘導体

化粧水や美容液に多く配合されているのはこの水溶性ビタミンC誘導体になります。短期的に皮膚にビタミンCが吸収されるので即効性がありニキビの炎症や色素沈着の改善を促します。

 

脂溶性ビタミンC誘導体

脂分と水溶性のビタミンCを結合させたものが脂溶性ビタミンC誘導体です。短期的な即効性は水溶性のビタミンC誘導体よりも効果はありませんが、角質層や真皮までの浸透率が高く効果も持続する特性を持ちます。
脂性に溶けやすい為によく化粧クリームに配合されている成分です。

 

進化型のビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体の中でも最も新しく開発された進化型のビタミンC誘導体は新型ビタミンC誘導体とも呼ばれています。
持続性は脂溶性よりも優れ、浸透力は水溶性の百倍とも言われており、その浸透力によって真皮まで届いたビタミンCはコラーゲンの生成増加を促す為にシワやお肌のハリにも高い効果が期待できると言われています。