肌荒れ 対策

MENU

肌荒れ対策には何が効果的なの?

 

お肌の荒れる対策を考える前に、まずどのような原因で肌の調子が悪いのかを考える必要があります。
その原因を知った上で適切な処置を行えば、みずみずしいキメの細かい肌質へと作り上げることはそう難しいことではないのです。

 

まず、お肌が荒れる原因には複数の要因が考えられ、偏った食生活や不規則な睡眠リズム等の生活習慣病から洗顔方法の間違い、スキンケアの怠り、またストレス性のものまで幅広いのでまずご自分がどのパターンにあてはまってるかを知ることが大切でしょう。

 

バリア機能の低下

お肌にはバリア機能という防御機能が備わっています。
このバリア機能とは、体内からの水分蒸発を調整したり、紫外線や異物などの外的な刺激から守ってくれる機能のことを指し、このバリア機能が低下することで肌荒れを引き起こしてしまうのです。
このようにバリア機能を低下させてしまう原因では元々乾燥肌だったり、保湿を怠りがちであったり、洗顔のやり過ぎが考えられます。

 

バリア機能の低下を改善する

外出する際には紫外線対策として日焼け止めクリームを塗ったり日傘を差して、紫外線の刺激からお肌を守りましょう!

 

また肌に水分を与えそれらを維持できるようマメに保湿ケアを行います。
化粧品はお肌にとって刺激物なので、肌荒れを起こしている時にはファンデーションを薄くしたり、できれば化粧を控えたいものです。
化粧品で使用するパフ等の肌に直接触れるようなものは雑菌が付着していますので定期的に綺麗に洗って常に清潔な状態を保ちましょう。
一日の終わりにはメークを落とすようにします。疲れて帰ってきた時にはメーク落としは面倒なものですが、そのまま寝てしまうと肌に負担をかけ、肌荒れ悪化の原因にもなりますので、帰宅後には速やかにメークを落としましょう。

 

洗顔時には洗顔料を手にとり、泡立ててからその泡で洗います。
手でゴシゴシとこすったり、何度も何度も洗顔を行えば、皮膚に必要な皮脂まで落としてしまい、バリア機能の低下につながります。
手の平が皮膚に直接当たらないように泡で丁寧に洗い、漱ぎにはぬるま湯で時間をかけしっかりと洗顔料を落とします。
洗顔後には時間をかけずに化粧水や乳液でお肌に保湿を与えるようにしてくださいね。

 

 

睡眠と肌細胞には密接な関係がある?!

「寝る子は育つ」という言葉があるように、睡眠は人間にとってとても重要なファクターです。
それはお肌にも多大に影響し、睡眠の質が低下すると翌日化粧ののりが悪くなったり、ニキビや吹き出物ができやすくなったりします。
睡眠時間は最低6時間取るようにし、リズムの良い就寝、起床を心がけましょう。
22時〜2時まではお肌のゴールデンタイムと呼ばれ、この間にターンオーバーが活発になります。この時間帯に質の高い睡眠をとれるように
寝る前に導眠の効果が望めるホットミルクを摂取したり、ストレッチ等を行うと良いとされています。
仕事上、不規則な生活になりがちな方は睡眠時間を90分単位で考え、3時間、4.5時間、6時間となるように起床するようにします。
これは睡眠時にはレム睡眠とノンレム睡眠が周期的に交互に波を描いており、睡眠の浅くなったレム睡眠に起床すると寝覚めが良く、体の回復機能に影響が少ない睡眠波とされているからです。

 

 

お肌に影響を及ぼす栄養素

お肌の透明感やキメの細かさは普段から取る食事によっても左右されます。
それは体内で新しい細胞を生み出す上で、食事によって得られた栄養素を基にして細胞を生み出しているので当たり前といえば当たり前なんですよね。

 

また食事の栄養素のお話をする前に、その栄養を吸収する腸の調子が悪ければ、どれだけお肌にとって良いとされている栄養素を摂取しても吸収せずに肌に反映されません。
まずは腸の調子を整えれるように腸内環境の向上を目的とした栄養素について考えてみましょう。

 

便秘や軟便気味である。

 

おならの匂いが臭い。

 

定期的な排便がなく、腸内にガスが溜まりやすい。

 

このような症状が見受けられる人は腸内環境が悪く、栄養を効率的に体内に取り込むことができない腸内環境と考えられます。

 

腸がきれいであれば、ハリやキメ、トラブルが起きにくい肌質へと変化しますので、その為には食物繊維の高い食べ物で腸の汚れを取り除いてあげましょう。
食物繊維の多い代表的な食べ物はごぼうや穀物類、こんにゃくや納豆なので、日常の食事の中で意識して摂取するようにします。
食事の際には胃に負担をかけず、消化を手助けする為によく噛んで唾液をしっかりと混ぜ込むと良いとされています。

 

腸内環境を整えたら美肌栄養素を摂取しよう!

食物繊維の多い食生活にし、腸内環境が整ったら次は美肌作りです。
肌荒れしない美肌を作るには素材そのままの栄養素を取り込むことができる生野菜を活用しましょう!

煮たり、炒めたり、切ったりすれば少なからずとも素材の栄養素は壊れていきます。できるだけさっと洗うのみで調理を必要
としない生野菜を頂くようにします。
旬毎の野菜を摂取することで、さびない体づくりができるようになります。

 

植物性のタンパク質代表がお豆腐

お肌の細胞を構成する上でかかせない栄養素がタンパク質です。
良質なタンパク質を取ることで肌細胞は新たに生まれかわり、透明感のある肌へと変貌を遂げます。
植物性のタンパク質代表であるお豆腐を中心とし、動物性たんぱく質の魚やお肉も織り込んで質の良いたんぱく質を得るようにして下さい。