ニキビ ファンデーション

MENU

ニキビができた時のファンデーションは・・・

「ニキビができてしまった・・・けどお化粧をして肌を隠したい。」
そんな時はみなさんどのように対応していますか?

 

肌荒れを隠すことができるファンデーションですが、そのファンデーションを塗ることによって肌が悪化しては元も子もありませんよね?
そんな四面楚歌なケースでの正しいファンデーションの選び方と使い方をご紹介したいと思います。

 

ニキビ等の肌トラブルの際にはなるべく肌に負担がかかるようなものを塗ることは避けるということが前提条件になりますので、休日などでお買い物程度の外出であれば、マスクである程度隠すことができます。
しかし、対面でのお仕事や、友人との会食といったケースになれば、そうもいきません。
ではそういった時のような肌トラブルとうまく付き合わなければならない状況でのメイクでは以下のことに重点を置きましょう!

 

肌の負担を少しでも減らすファンデーションを使用する

 

お化粧の傾向的には肌に負荷がかかるファンデーションの方がより美肌に魅せやすいのですが、刺激が強ければ強いほどニキビが悪化してしまいます。

 

また肌荒れが出ている時では化粧のりも悪くなる為に無意識のうちに厚く塗りがちになってしまうので気を付けたいところ・・・。

 

 

肌への負担が大きいリキッド系やクリーム系のファンデーションは油分も多く、ニキビのアクネ菌の増殖を手助けしてしまうことになりますので、使用は控え、どうしても肌荒れを隠したい箇所にはコンシーラーで対応するようにしましょう。

 

メイクアップベースを使わない

メイクにはかかせない下地処理ですが、ニキビができている状態では使わず、化粧水や乳液で保湿を十分に確保した上でファンデーションを塗ります。
メイクキープが普段よりも悪くなりますが、下地処理での成分には油分が多く含まれている為に、それらがアクネ菌の繁殖を手助けしてしまうことになるからです。
また肌細胞の通気性のことも考えると肌荒れがある際にはこのような点に気を付けたいですね。

 

パウダー系のファンデーションで対応する

ファンデーションの種類にはクリームファンデーション・リキッドファンデーション・パウダーファンデーション・ルースファンデーション・ミネラルファンセーションといくつか存在しています。
クリームやリキッド系はカバー力が強く右へ行く順に肌への負担が小さくなるかわりにカバー力も低くなります。
肌トラブルの際には肌への負担が軽いファンデーションを中心に使い分けるようにしましょう。

 

ファンデーションに限らず、メイクを落とす際のクレンジングにも注意したいところです。
何故なら化粧落としにはメイク以上に肌への負担が大きくかかるので、化粧は落としやすいが、肌への刺激が強い界面活性剤が多く混入しているクレンジング剤を使用し続けていると、一向に肌荒れが解消されないどころか、悪化させてしまうことになりかねません。
お肌への負担の軽減+界面活性剤の量も少ないミルククレンジングを使い、肌への負担を軽減しましょう。